筑波山 大御堂(おおみどう)      Oomido Temple    坂東三十三観音霊場第25番札所       26.Nov.2010        天空仙人の神社仏閣めぐり


筑波山 大御堂
「筑波山 大御堂」

筑波山 大御堂 筑波山 大御堂
「筑波山 大御堂」
Oomido Temple
拡大 画像Click拡大 画像Click

筑波山 大御堂 筑波山 大御堂
拡大 画像Click拡大 画像Click

筑波山 大御堂 弘法大師空海像 筑波山 大御堂
「弘法大師空海像」
Kobodaishizou
拡大 画像Click拡大 画像Click

筑波山 大御堂 鐘楼堂 筑波山 大御堂 祈願石
「鐘楼堂」「祈願石」
ShoroudoKiganseki
拡大 画像Click拡大 画像Click

筑波山 大御堂 筑波山 大御堂 がま
「がま」
Gama
拡大 画像Click拡大 画像Click

筑波山 大御堂 紅葉 筑波山 大御堂 紅葉
「紅葉」「紅葉」
拡大 画像Click拡大 画像Click

筑波山 大御堂 紅葉 筑波山 大御堂 紅葉
「紅葉」「紅葉」
拡大 画像Click拡大 画像Click

坂東札所 第25番 筑波山 大御堂(おおみどう)

Oomido Temple

茨城県つくば市筑波748

748,Tsukuba,Tsukuba-shi,Ibaraki


御本尊 千手観世音菩薩

第二十五番 筑波山 大御堂

【御詠歌】 大御堂 かねはつくばの 峯にたて かた夕ぐれに くにぞこいしき

延暦元年、東国の化王と仰がれた徳一上人ここに錫を留め、伽藍を興して千手観音をまつり、知足院と号す。のち弘法大師 筑波山に登拝、密教の結界をなして中禅寺と称す。

室町時代、文明18年道與准后は修験道の流布に訪れ、また、江戸時代には幕府の保護篤く、 千五百石の寺領に高い寺格を誇った。特に三代将軍家光公は、18間 4面の大御堂をはじめ、三重塔・鐘楼・山門などの結構を整え、また、隆光僧正出でて権勢他に比類なかりしが、 明治維新の神仏分離令により、筑波神社と分かれ、今日に至る。

昔は男体・女体の二峯は千手・十一面観音を本地とする権現信仰が栄えた。

筑波山 大御堂 御朱印 より


中禅寺知足院 大御堂

真言宗豊山派の寺院。筑波山神社近くにあるが、明治の廃仏毀釈、神仏分離までは、一緒の存在であった。 その時に、大御堂、十一面観音堂など華美を尽した堂塔は打ち壊され、仏像、仏具経巻等は境内に積まれ焼却された。 本尊千手観世音は、尊崇する信者によって手厚く護られ、仮堂に移されたが、寺籍なき状態が続いていた。 大御堂は社地の東に移転して、昭和5年(1930)に仮堂のみ再建されたが、昭和十三年(1938)の山津波で倒壊。 現在の建物は、昭和36年(1961)民家を移したものである。

伊弉諾尊と伊弉冉尊が国造りをした時、東方で最初にできた山が筑波山とされる。 この山には絶頂が二つあり、西の峰には伊弉諾命が鎮座したので男体権現、 東の峰には伊弉冉命が鎮座したので女体権現と称した。 また、日の神が父母の二神を慰めるため、山頂で琴(筑)を弾いたところ、海の波が山まで着いたので、筑波山と号したという。

延暦元年(782)徳溢法師が当山に登ると、一人の天童が現れ、月輪洞と称する岩窟の場所を示した。 そこで法師は、岩窟の近くに庵を結んでいると、麓の巫女が神憑りとなって、山の故事を法師に語った。 このことを都に奏上し、桓武天皇の勅によって、筑波山頂二社を再建、筑波山大権現と称し、中腹に堂宇を建立して、 本尊千手観音を安置、知足院中禅寺と号したといわれている。 その後、百三十歳となった法師は、岩窟で定に入ったという。

弘仁年間(810〜824)になって弘法大師が筑波山に登り、徳溢法師の岩窟の前に立つと、なかから声がして、山の故事を説き示した。 大師が山を結界して邪神を退けると、巫女に神託が下って「国家のために正法明の像を造り、この補陀落の主尊を立てよ」と告げた。 そこで大師は、千手観音の尊像を刻み、二神の本地とした。これが現在の大御堂の本尊といわれている。

江戸時代には徳川家の厚い庇護を受け、本堂を始め三重塔、鐘楼、楼門等を建立した。


ホーム神社・仏閣めぐり初詣おすすめスポット御利益別寺社一覧御利益グッズ言い伝え


Copyright © 2010 I.HATADA All rights reserved.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO