実正山 定林寺(じょうりんじ)    Jisshousan Jyorinji Temple        秩父札所 第17番    天空仙人の神社仏閣めぐり

天空仙人わーるど神社仏閣めぐりIndex秩父札所Index第十六番札所第十八番札所


秩父札所 第17番 実正山 定林寺 写真定林寺 秩父札所 第17番 実正山 定林寺 写真

「定林寺」

「額」

Jyorinji TempleGaku

秩父札所 第17番 実正山 定林寺 写真 秩父札所 第17番 実正山 定林寺 縁起の奉納額 写真

「縁起の奉納額」

Hounou-Gaku
拡大 画像CLICK

秩父札所 第17番 実正山 定林寺 写真

「ちょうちん」

Chochin

秩父札所 第17番 実正山 定林寺 写真散華

「散華」

Sange

秩父札所 第17番 実正山 定林寺(じょうりんじ)

Jisshousan Jyorinji Temple

秩父市桜木町21−3


御詠歌 あらましを思ひ定めし林寺 かねききあへずゆめぞさめける


縁起の奉納額

壬生良門の家臣 林太郎定元

定元は良門に追放され 定元の子林源太良元は空照という僧に育てられ 父の為堂宇を建立して定と林をとり定林寺とした


この札所は四間四面の簡素で均整のとれた堂です。

内陣は古風な阿弥陀堂のように念仏回廊が回っています。

本尊は十一面観世音立像で、像高55糎(センチ)の寄木造り、願主武州国郡法院元暁の銘が あり、文禄2年癸丑3月23悲開眼の墨書があります。

梵鐘は、日本百番観音霊場の本尊とご詠歌を鋳出した珍しいもので、工芸品として昭和39年 3月県指定の文化財になっております。

また、安政、明治の徳行家、井上如常の父青岳の描いた狩野風な絵の掲額もあります。

縁起には、壬生の良門の忠臣林太郎定元は、主の無道を諫めかえって家財を没収され、 当地に来て没しました。

その遺子空然はこの地に養われ成人後、父の菩提のため当寺を建立したとあります。

秩父市教育委員会 案内板より


ホーム神社・仏閣めぐり初詣おすすめスポット御利益別寺社一覧御利益グッズ言い伝え


Copyright © 2002 I.HATADA All rights reserved.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO