閻魔(えんま)さまめぐり Enmasama The Judge of Hell         天空仙人の神社仏閣めぐり


深川閻魔堂(法乗院)閻魔大王像 太宗寺 つけひも閻魔さま

「深川閻魔堂」

「太宗寺」

FUKAGAWA ENMADOTAISOH-JI

「閻魔さま」

「つけひも閻魔さま」

拡大 画像Click拡大 画像Click

赤門勝専寺 閻魔大王 九品仏

「赤門勝専寺」

「九品仏」

SYOSEN-JIKUHONBUTSU

「閻魔さま」

「閻魔さま」


板橋文殊院 閻魔大王 源覚寺 閻魔大王

「板橋文殊院」

「源覚寺」

MONJU-INGENKAKU-JI

「閻魔さま」

「こんにゃく閻魔さま」


鎌倉  円応寺 閻魔大王 目黒不動尊 閻魔大王

「鎌倉 円応寺」

「目黒不動尊」

ENOU-JIMEGURO FUDO

「子育て閻魔さま」

「閻魔さま」


練馬南蔵院 閻魔大王像 乗蓮寺

「練馬南蔵院」

「乗蓮寺」

NAZOH-INZYOREN-JI

「閻魔さま」

「閻魔さま」


練馬長命寺 芝 青松寺

「練馬長命寺」

「芝 青松寺」

CYOMYO-JISEISYO-JI

「身代わり閻魔さま」

「閻魔さま」


UNTICTIONARY

閻魔(えんま)さまとは、人が死後、亡者となって冥界で出会う十王の一人である。

十王とは、亡者の生前の行いを取り調べる裁判官である。

亡者は、初七日は「秦広王」、二・七日は「初江王」、三・七日は「宋帝王」、四・七日は「五官 王」、五・七日は「閻魔王」、六・七日は「変成王」、七・七日は「泰山王」、百ヶ日は「平等王 」、一周忌は「都市王」、三回忌は「五道転輪王」と十回それぞれの王の前で取り調べを受ける。

「閻魔大王」が以前の四王の取り調べとあわせて、亡者が六道(ろくどう)(地獄、餓鬼、畜生、 修羅、人間、天上の六つの世界)のどこへ生まれ変わるのかを決定する。

「変成王」は亡者が生まれ変わる「場所の条件」を決定する。たとえば人間界に生まれ変わっても 争いばかりしている所もあれば、平和で豊かな所もある。

「泰山王」は亡者の生まれ変わる「個人の条件」寿命、男女の差などを決定する。

七・七日の四十九日までの間は「中有」または「中陰」と言い、亡者の霊魂は生前そのひとが生 活していた所に漂っており。

「四十九日」が終わって、それぞれ定められた所にいく。

また、「悪趣」(地獄、餓鬼、畜生、修羅)に行く事が定められた亡者も百ヶ日、一周忌、三回忌 と供養を重ねる事により誰でも「天上界」(極楽)に行くことができる。

典拠(鎌倉 円応寺 しより)


ホーム神社・仏閣めぐり初詣おすすめスポット御利益別寺社一覧御利益グッズ言い伝え


Copyright © 1997 I.HATADA All Rights Reserved.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO