岩船寺(がんせんじ)      Gansenji Temple   天空仙人の神社仏閣めぐり

関西花の寺 Official Page
岩船寺 山門 写真 岩船寺 本堂 写真
「山門」「本堂」
SanmonHondo
拡大 画像Click拡大 画像Click

岩船寺 三重塔 写真 岩船寺 三重塔 写真
「三重塔」「三重塔」
Sanju no ToSanju no To
拡大 画像Click拡大 画像Click

岩船寺 天邪鬼 写真 岩船寺 写真
「天邪鬼」
Amano Jaki
拡大 画像Click拡大 画像Click

岩船寺 十三重石塔 写真 岩船寺 身代わり地蔵 写真
「十三重石塔」「身代わり地蔵」
Jusanju SekitoMigawari Jizo
拡大 画像クリック拡大 画像クリック

岩船寺 石室不動明王 写真 岩船寺 石室不動明王立像 写真
「石室不動明王」「石室不動明王立像」
Iwamuro FudomyoouIwamuro Fudomyoou
拡大 画像クリック拡大 画像クリック

岩船寺 写真
拡大 画像クリック

岩船寺(がんせんじ)

Gansenji Temple

京都府木津川市加茂町岩船小字上ノ門43

43,Iwafune-Koaza-Uenomon,Kamo-Cho,Kidugawa-Shi,Kyoto


真言律宗 高雄山 岩船寺縁起

創立は天平元年(729)、聖武天皇が出雲の国不老山大社に行幸の時、霊夢によって、 この地に阿弥陀堂の建立を発願、大和国善根寺に籠居しておられた行基菩薩に命じて建て られたのに始まる。その後、弘法大師と智泉大徳が阿弥陀堂において伝法灌頂を修せられ たため、灌頂堂となる。

大同元年(806)智泉大徳、新たに報恩院を建立される。更に嵯峨天皇が智泉大徳に勅 命して皇孫の誕生を祈願され、皇子が誕生された。後の仁明天皇である。皇后ご叡信が特 に深く、皇孫誕生のこともあって弘仁四年(813)に堂塔伽藍が整備され、寺号、岩船 寺となる。

最盛期には四域十六町の広大な境内に三十九の坊舎があり、その偉容を誇っていたが、承 久の変(承久三年・1221)によって大半が焼失した。その後、再興された堂塔も再度 の兵火によって次第に衰え、江戸時代初期の寛永の頃(1624〜1643)には本堂、 塔、坊舎、鎮守杜等、十棟程度になる。

当時の住僧文了律師はこの荒廃ぶりを痛くなげき、自ら世上に出て訴え続け、ご勧進と徳 川氏の寄進とによって、本堂や本尊の修復を成し遂げられた。

そして、江戸時代の本堂も老朽化のため五ヵ年計画で本堂再建事業を進め、昭和六十三年 (1988)四月二日落慶し、現在に至る。

三重塔は天長二年(825)智泉大徳入滅の後、十年を過ぎて承和年間(834〜847 )に、仁明天皇が智泉大徳の遺徳を偲んで宝塔を建立されたものであると伝えられる。

十三重石塔は正和三年(1314)に、妙空僧正の造立と伝えられる。

石室不動明王立像は応長二年(1312)2月、塔頭湯屋坊の住僧盛現が眼病に苦しみ、 不動明王に七日間の断食修法をされ、成満日には不思議にも眼病平癒された。 そして報恩のために白ら不動明王を彫刻安置し、入滅の時「我が後生の凡俗にて眼病に 苦しむ者あれば、必ず岩船寺の不動明王を祈念せよ。七日間に祈願成就する」と遺言され、 今日に至るまで霊験にあやかろうと多くの参拝がある。

岩船寺 パンフレットより


ホーム神社・仏閣めぐり初詣おすすめスポット御利益別寺社一覧御利益グッズ言い伝え


Copyright © 2004 I.HATADA All Rights Reserved.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO