上賀茂神社(賀茂別雷神社)(かみがも じんじゃ)    Kamigamo Jinja Shrine    Kamowakeikazuchi Jinja Shrine   17.March.2007  天空仙人の神社仏閣めぐり

上賀茂神社 Official Page

上賀茂神社のさくら


上賀茂神社  写真

上賀茂神社 楼門 写真
「楼門」

上賀茂神社  写真

上賀茂神社  写真 上賀茂神社  写真
拡大 画像Click拡大 画像Click

上賀茂神社 楼門 写真 上賀茂神社 楼門 写真
「楼門」「楼門」
RoumonRoumon
拡大 画像Click拡大 画像Click

上賀茂神社  写真 上賀茂神社  写真
拡大 画像Click拡大 画像Click

上賀茂神社 玉橋 写真 上賀茂神社 双葉葵 写真
「玉橋」「双葉葵」
Tama-BashiFutaba-Aoi
拡大 画像Click拡大 画像Click

上賀茂神社 神山 写真 上賀茂神社 立砂 写真
「神山」「立砂」
kooyamaTate-suna
拡大 画像Click拡大 画像Click

上賀茂神社  写真 上賀茂神社  写真
拡大 画像Click拡大 画像Click

12.SEP.1998


上賀茂神社  写真 上賀茂神社  写真
「楼門」「上賀茂神社」
RoumonKamigamo Jinja

上賀茂神社  写真 上賀茂神社  写真
「立砂」
Tate-Suna

上賀茂神社  写真 上賀茂神社  写真
「鳥居」「玉橋」
ToriiTama-hashi

上賀茂神社 絵馬 写真 上賀茂神社 絵馬 写真
「絵馬」「絵馬」
EmaEma

上賀茂神社 双葉葵 写真 上賀茂神社 絵馬 写真
「双葉葵」「絵馬」
Futaba-AoiEma

上賀茂神社(賀茂別雷神社)(かみがも じんじゃ)

Kamigamo Jinja Shrine

Kamowakeikazuchi Jinja Shrine

京都市北区賀茂本山町

Kamo-Motoyama-Cho,Kita-Ku,Kyoto

TEL 075−781−0011


ご利益

厄除け、方除け


賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)

上古この付近一帯に繁栄した賀茂氏が創祀した京都最古の神社である。ご祭神として賀茂 別雷神を祀る。賀茂伝説によれば賀茂氏の祖神建角身命の女玉依姫命(たまよりひめ)( ともに下鴨神社に奉祀)が瀬見の小川(賀茂川)を流れ下る丹塗の矢に感じて、別雷神( わけいかづちのかみ・大自然を支配する神)が出現したと伝える。

平安奠都(てんと)(794)とともに賀茂別雷神に対する信仰は高まり、特に五穀豊穣 の神の雷神を祭ることから農民の信仰を集め、全国雷神の中心となった。謡曲「賀茂」は この縁起を叙べて、五穀豊穣国土守護の神徳を讃えた曲である。皇室でも嵯峨天皇の弘仁 元年(810)以来、内親王が斎王として奉仕される慣わしとなり、山城国一ノ宮とよば れて伊勢神宮と並ぶ崇敬を捧げられた。

社殿は21年毎に造営される慣例であったが中世以来中絶した。本殿(国宝)は流造神殿 の典型で権殿(国宝)とともに三間社流造、桧皮葺で文久3年(1863)の建築である。 この外社域にある中門、幣殿など40棟の建物の多くは寛永5年(1628)の造替で重 要文化財に指定されている。

毎年5月15日の賀茂祭は三大勅祭の第一で俗に葵祭の名で親しまれており、当日は平安 朝の古式ゆかしい行列も都大路に繰りひろげられる。さらに5月5日の競馬会(くらべう まく)、5月12日御阿礼神事など古式の面影を豊かに伝える行事が四季を通じて行われ る。

社頭 京都市 案内板より


上賀茂神社

上賀茂神社の祭神は、玉依姫が今、上賀茂神社の境内を流れている御手洗川(瀬見の小川 禊の泉)で川遊びをしていると、川上から白羽の矢1本流れてきた。これを持ち帰って床 に挿して置いたところ、遂に感じて男子を生む。のち男児天にむかって祭をなし屋根を穿 って天に昇る。別雷神(わけいかずちのかみ)とたたえ、祀る神社を賀茂別神社という。

京都でも最も古い神社の一つで、五穀豊穣の神の雷神を祭ることから農民の信仰を集めた。 謡曲「賀茂」はこの縁起を叙べて、五穀豊穣国土守護の神徳を讃へた曲である。

弘仁元年(810)には斎院の制が施され、歴代皇女が斎院となったこともある。

京都謡曲史跡保存会 案内板より


山城国一ノ宮

賀茂別雷神社(上賀茂神社)

御祭神 賀茂別雷大神

御神徳

厄除 雷の御神威により厄を祓い、災を除き給う厄除明神として広く信仰されている。

方除 京都の鬼門の守り神として、方除の信仰が篤い。

主な祭典

賀茂祭(葵祭) 五月十五日 例祭

古く欽明天皇(六世紀)の御代より始まる。現在も皇室より勅使を御差遣になり祭が行わ れる。その行列は王朝絵巻を見るが如く優雅で、総勢五百名、列の長さ八百米に及ぶ。京 都三大祭の一つ。

競馬会神事 五月五日

当神社は競馬発祥の地と言われ、堀川天皇の御代(十一世紀)より殊に盛んとなり今日ま で連綿として続いている。

                                    京都市登録無形民俗文化財。

夏越祓 六月三十日

茅ノ輪をくぐり、人形(ひとがた)を流して罪穢を祓い清め、無事で健康な生活を祈願す る行事。

風そよぐならの小川の夕ぐれは 

    みそぎぞ夏のしるしなりけり 

                                    藤原家隆

と百人一首にも詠われているように、当神社の夏越祓は鎌倉時代すでに有名であった。

からす相撲 九月九日

神事役がからす鳴き、からすの横飛びなどして、童子が相撲をし神覧に供する珍しい行 事。

                                    京都市登録無形民俗文化財。


葵祭

賀茂祭(葵祭) 例祭五月十五日

欽明天皇の御代(六世紀)天下風雨順ならず、庶民大いに嘆いたので、勅してうらなわしめ 給うたところ、賀茂大神の崇りであると判った。そこで馬に鈴をかけ、走らせ、祭祀を行 った結果、五穀成熟して天下泰平となった。このことにより、毎年国家的な行事として祭 が行われるようになった。これが賀茂祭の起源である。

神前に葵を献じ、全部の社殿には葵を飾り、奉仕員全て葵を着けるので、葵祭ともいう。 平安時代は殊に盛んであって、「まつり」と言えば葵祭を指すほどであった。現今は五月 十五日、皇室より勅使を御差遣になり、旧儀により行われる。その行列は近衛使代を中心 に牛車、花傘、斎王列など総勢五百名、列の長さは八百メートルに及ぶ。

先づ、午前京都御所を出発、下鴨神社にて祭儀を行った後、再び行粧を整えて、賀茂川の 堤を北上し、午後当神社に到着。勅使の御祭文奏上、牽馬、東遊、走馬等の儀が約二時間 にわたり、古儀のまま行われる。清らかな流れと、新緑の境内で行われるこの祭儀の有様 は、さながら王朝絵巻を見るが如くである。

また、葵祭に先立ち、斉王代以下女人列奉仕者四十数名の、お清めの儀式である斎王代御 禊の儀が、御手洗川で行われる。十二単の斎王代、各種女官のあでやかな正装姿は、平安 朝文化の粋である。下鴨神社と隔年交替で行われる。


立砂(たてすな)

盛砂(もりずな)ともいう。「たつ」とは神様の御出現に由来した言葉である。神代の昔、 御祭神が最初に降臨になったのは社後2kmにある円錐形の美しい形をした神山(こうや ま)である。

立砂はこの神山にちなんだもので一種の神籬(ひもろぎ・神様がおりられる憑代(よりし ろ))である。

鬼門・裏鬼門にお砂をまき清めるのはこの立砂の信仰が起源である。 つまり清めのお砂の始まりである。


ホーム神社・仏閣めぐり初詣おすすめスポット御利益別寺社一覧御利益グッズ言い伝え


Copyright (C)  1998 I.HATADA All rights reserved.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO