鎌倉 甘縄神明宮(あまなわ しんめいみや)      Amanawa Shinmeimiya Shrine    1.Apr.2014   天空仙人の神社仏閣めぐり

鎌倉 甘縄神明宮 桜
鎌倉 甘縄神明宮
「鎌倉 甘縄神明宮」

鎌倉 甘縄神明宮
「鎌倉 甘縄神明宮」

鎌倉 甘縄神明宮 参道石段 写真 鎌倉 甘縄神明宮  写真
「参道石段」
Ishidan
拡大 画像Click拡大 画像Click

鎌倉 甘縄神明宮 拝殿 写真 鎌倉 甘縄神明宮 北條時宗公 産湯の井 二條公爵 愛用の井 写真
「拝殿」「北條時宗公 産湯の井

二條公爵 愛用の井」

HaidenHojo Tokimune ko Ubuyu no i
拡大 画像Click拡大 画像Click

鎌倉 甘縄神明宮 桜 写真 鎌倉 甘縄神明宮 桜 写真
拡大 画像Click拡大 画像Click

鎌倉 甘縄神明宮(あまなわ しんめいみや)

Amanawa Shinmeimiya Shrine

神奈川県鎌倉市長谷1ー12ー1

1-12-1,Hase,Kamakura-Shi,Kanagawa


甘縄神明宮略誌

一、御祭神 天照大御神 ( あまてらすおおみかみ )

伊邪那岐尊(白山) 倉稲魂命(稲荷)

武甕槌命(春日) 菅原道真公(玉神)

一、御由緒

和銅3年庚戌(かのえいぬ)年(西歴710年)染屋太郎大夫時忠の創建です。

永保元年辛酉(かのととり)年(西歴1081年)源義家公が社殿を再建されました。

源頼朝公、政子の方、實朝公など武家の崇敬が篤く、古来伊勢別宮と尊稱されている鎌倉で最も古い神社です。

社殿の裏山は御興ヶ嶽(見越ヶ嶽とも書く)と言い、古くから歌に読まれています。

源頼義は相模守として下向の節、当宮に祈願し、一子八幡太郎義家が生まれたと伝えられています。

都にははや吹ぬらし鎌倉の

            神輿ヶ崎 秋の初風

甘縄神明宮 しおりより


甘縄神明宮

和銅三年(710)8月行基の草創により染谷太郎時忠が山上に神明宮、麓に神輿山円徳寺を建立、 後に寺号を甘縄院と名付けたことに始まるという。

また源頼義公が当社に祈願して八幡太郎義家を当地に生み、康平六年(1063)には当社を修復、 永保元年(1081)には八幡太郎義家公が当社を修復したという。

「吾妻鏡」によれば、伊勢別宮として源頼朝公が崇敬し、文治三年(1186)10月、社殿を修理し、四面に荒垣及び鳥居を建てている。 また建久五年(1194)までに頼朝公は三度、政子の方は二度、実朝公は一度参詣している。

「相模風土記」には「神明宮、里俗甘縄明神と唱う」「別当臨済宗甘縄院」とある。 明治維新の神仏分離により、別当甘縄院は廃絶し、神明宮は明治6年村社に列格された。 明治20年5月、五社明神社を合祀し、明治40年4月神饌幣帛料供進神社に指定された。 昭和7年社号を甘縄神明神社と改称した。常には里人慣習で甘縄神明社宮と呼称している。


ホーム神社・仏閣めぐり初詣おすすめスポット御利益別寺社一覧御利益グッズ言い伝え


Copyright © 2014 I.HATADA All Rights Reserved.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO