六角堂 頂法寺(ろっかくどう ちょうほうじ)      西国三十三ヶ所観音霊場 第十八番札所        Rokkakudo Chohouji Temple         天空仙人の神社仏閣めぐり

六角堂 頂法寺 Official Page

聖徳太子

法隆寺広隆寺愛宕念仏寺朝護孫子寺しばられ地蔵

六角堂 頂法寺 山門 六角堂 頂法寺
「山門」「六角堂」
SanmonRokkakudo
拡大 画像Click拡大 画像Click

六角堂 頂法寺 六角堂 頂法寺
拡大 画像Click拡大 画像Click

六角堂 頂法寺 六角堂 頂法寺
「六角堂」「六角堂」
RokkakudoRokkakudo
拡大 画像Click拡大 画像Click

六角堂 頂法寺 親鸞堂 六角堂 頂法寺 親鸞上人
「親鸞堂」「親鸞上人」
Shinran-doShinran-shonin
拡大 画像Click拡大 画像Click

六角堂 頂法寺 六角堂 頂法寺 へそ石
「香炉」「へそ石」
Heso-ishi Stone
拡大 画像Click拡大 画像Click

六角堂 頂法寺 一言お願い地蔵 六角堂 頂法寺 合掌地蔵
「一言お願い地蔵」「合掌地蔵」
Hitokoto-onegai-jizoh
拡大 画像Click拡大 画像Click

六角堂 頂法寺 わらべ地蔵 六角堂 頂法寺
「わらべ地蔵」
Warabe-Jizoh
拡大 画像Click拡大 画像Click

六角堂 頂法寺 十六羅漢 六角堂 頂法寺 十六羅漢
「十六羅漢」「十六羅漢」
Juroku-RakanJuroku-Rakan
拡大 画像Click拡大 画像Click

六角堂 頂法寺 邪鬼 六角堂 頂法寺 邪鬼
「邪鬼」「邪鬼」
JakiJaki
拡大 画像Click拡大 画像Click

六角堂 頂法寺(ろっかくどう ちょうほうじ)

西国三十三ヶ所観音霊場 第十八番札所

Rokkakudo Chohouji Temple

京都府京都市中京区六角東洞院西入堂之前町248

248,Nishiiru-Donomae-cho,Rokkaku-higashi-Toin,Nakagyoku,Kyoto


六角堂由緒

      紫雲山 頂法寺

草創 用明天皇二年(587)聖徳太子建立

太子 大阪四天王子建立のため用材を求めてこの地の入られた時 夢に霊告をうけ杉の大 樹によって六稜の堂を建て自らの護持仏をここに安置された 本邦 伽藍建立の最初であ るところから頂法寺という 天治二年初めて炎上其後度々類焼し寛永十八年の再建には朝 廷より陣座御殿の御寄付を得て本堂 山門 築地等を復興した 今の御堂は明治九年に再 建 創建以来1400余年

本尊 如意輪観世音菩薩(閻浮檀金 御丈一寸八分)

聖徳太子の護持仏で六角堂建立の後は 本尊として祀り其の守護を小野妹子大臣に命ぜら れたと伝える 妹子は入道して専務といい太子沐浴の池のかたわらに坊を営んだので坊号 を池坊という 以来子孫が当寺住職として守護し今日に至っている 本尊脇仏には木像地 蔵菩薩像 毘沙門天立像(藤原時代作 重要文化財)等を安置する

西国霊場 長徳二年(996)正月 花山法皇 当寺に行幸される これが西国巡礼の始 めで 当寺は現在西国第十八番の霊場である

また後冷泉天皇諸国の大寺に仏舎利一粒ずつを納められるにあたって当寺より始められた と伝えられ今も舎利塔が現存する

太子堂

聖徳太子御作二歳像(南無仏)を祀る

へそ石

本堂古跡の石ともいい京都市街の中心石として伝わる聖徳太子 沐浴の古跡

太子堂周辺の枯山水の庭となってそのおもかげをつどめている

華道家元池坊

小野妹子(専務)は太子の教え従って朝夕宝前に花を供え 代々の住職はこれを伝え い け花の名手が輩出した

室町時代(足利義政の頃)には専慶が立て花の名手と称えられ室町後期には専応が出てい け花の理念を確立した いけ花発祥の地といわれる所以である

いまや池坊いけ花はここを拠点として発展し日本国内にとどまらず世界を結ぶ文化の重要 な役割を果たしつつある

境内 案内板より


六角堂

紫雲山頂法寺(しうんざんちょうほうじ)と号する寺で、本堂が六角宝形造(ほうぎょう づくり)であることから、一般に「六角堂」の名で人々に親しまれている。  

開基は聖徳太子で、四天王寺建立の用材を求めて太子がこの地を訪れた時、霊告によって この地に御堂を建て、守護仏の観音像を安置したのが始まりと伝えられている。早くから 人々の崇敬を受け、弘仁13年(822)には嵯峨天皇の勅願所となり、また長徳2年( 996)には花山法皇の御幸があり、西国33箇所観音霊場(現18番の札所)となった と伝えられる。建仁元年(1201)、親鸞聖人が当寺に100箇日間参籠して霊告を受 け、後に真宗を開宗する根源となった。  

本堂には、聖徳太子の持仏と伝える本尊如意輪観音像、親鸞像、毘沙門天立像(重文)な どを安置する。本堂前の六角形の礎石は臍(へそ)石といい、古来、京都の中心に当たる とされてきた。  

また、本堂北の本坊は池坊(いけのぼう)と呼ばれ、室町時代以降、多くのいけ花の名手 を輩出した所で、華道発祥の地として有名である。現在も池坊華道の拠点となっている。

京都市 案内板より


西国三十三ヶ所観音霊場 第十八番札所 六角堂 頂法寺 御詠歌

わが思う心のうちは六の角 ただ円かれと祈るなりけり


親鸞上人

親鸞上人は毎夜、比叡山より当寺本堂に百日参籠された。その95日目の暁の夢で、当寺 御本尊より「法然の許へ行け」との示現を得た。このお告げによって再び百日参籠され、 当寺より法然上人の許へと通った。

それから2年後、また夢中に「行者宿報設女犯我成玉女身被犯・一生之間能荘厳・臨終引 導生極楽」

の偈文を授かり、これによって日本に新しい救いの教えである浄土真宗を開かれたのであ る。

このお姿は、比叡山より当寺本堂に参籠され、又再び比叡山へお帰りになろうとされてい るお姿です。


親鸞堂 見眞大師(親鸞上人)

親鸞上人は、建仁元年(1201)29歳の時、毎夜叡山を下り、この六角堂に百日参籠 され、夢中に四句を偈文を授かり浄土真宗の開祖となられた。

ここには、夢のお告げを聞いておられる姿の「夢想之像」と、六角堂参籠の姿を自刻され たと伝える「草鞋の御影」を安置する。


へそ石

桓武天皇の延暦十二年(793)京都へ遷都の時、六角堂の所在が道路の中央に当たった ので天皇が遷座えを祈願されたところ御堂がにわかに5丈ばかり北へ退かれたという。

この石はその際に取り残された礎石であると伝える。また京都のほぼ中央に当たるところ からへそ石とも要石とも呼ばれている


一言願い地蔵

このお地蔵さまは少し首を傾げられた姿をされていますが これは悩んでいらっしゃるわ けではなく お参りに来られた方の願いを叶えてあげようか どうしようか と考えておら れるお姿なのです

願いを聞き届けて頂けるかどうかは あなたの信心次第です 欲張らず一つだけ願い事をして下さい きっと叶えて下さることでしょう


なぜ三十三ヶ所なのか

観音信仰の基礎となるのが「妙法蓮華経観世音普門品第二十五」で俗にいう観音経です。 その中には、観世音菩薩は人々が真心をもって観音様の御名を唱えれば、悩める私たちの 求めに応じて様々な姿に身を変えて説法してくれるとあります。

観音様には聖観音・千手観音・如意輪観音など様々なお姿がありますが、観音様が人間世 界に現れるときには「南無大慈大悲観世音菩薩」とお称えするように、慈愛溢れる性格か ら年齢・性別を問わず、三十三の身近な者の姿に変化して私達を救って下さいます。観音 経の中にもその変化の姿が三十三数え上げられ、この数にちなんで全国各地に三十三ヶ所 の観音霊場が開かれています。


六角堂 十六羅漢

羅漢様とは、仏の教えを護り伝えることの出来る優れたお坊様に与えられた名前です。 十六と言うのは、方位の四方八方を倍にした十六を表し、あらゆる場所に羅漢様が居られることを意味しています。

この羅漢様は、「和顔(わげん)愛語(あいご)」を実践され いつも「にこにこ」されています。 「和顔愛語」の教えとは、いつも優しい顔つきで、穏やかに話をするように心がけてさえいれば、必ず良い報いがあると説かれたものです。 みなさんも、この羅漢様のように一日でも多くの「にこにこ」を心がけましょう。

邪鬼

この羅漢様の周りには邪鬼がいます。 仏教をなかなか理解せず、ひねくれて仏教信者とならない。 そんな衆生を邪鬼といいます。 中には改心した邪鬼もいて、ここ六角堂には、羅漢様の周りで仏法を学びながらお守りしている者や、 本堂前にある大香炉を自分から大喜びで背中に乗せるけなげな邪鬼もいます。 ここの邪鬼は皆、自らすすんで縁の下を支えています。


合掌地蔵

このお地蔵さまは、お参りに来られた方の願いを手のひらにやさしく包み込んで、 その願いが叶えられるようにと、皆さんと一緒にお祈りしていらっしゃるお姿をされています。 手を合わせ、その手に願いをささやきながら吹き込んでください。 お地蔵さまの力を信じ、一心に祈れば必ず力をかしていただけることでしょう。


ホーム神社・仏閣めぐり初詣おすすめスポット御利益別寺社一覧御利益グッズ言い伝え


Copyright © 2007 I.HATADA All rights reserved.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO