目黒 大鳥神社(めぐろ おおとり じんじゃ)      Meguro Ootori Jinja Shrine   天空仙人の神社仏閣めぐり

目黒 大鳥神社 Official Page

日本武尊

熱田神宮建部大社武蔵御獄神社宝登山神社金釼宮花園神社根津神社五條天神社

目黒 大鳥神社 写真 目黒 大鳥神社 写真
「大鳥神社」
Ootori Jinja
拡大 画像Click拡大 画像Click

目黒 大鳥神社 写真 目黒 大鳥神社 写真
拡大 画像Click拡大 画像Click

目黒 大鳥神社 写真 目黒 大鳥神社 写真
拡大 画像Click拡大 画像Click

目黒 大鳥神社 写真 目黒 大鳥神社 写真
拡大 画像クリック拡大 画像クリック

目黒 大鳥神社 写真 目黒 大鳥神社 写真
「絵馬」「絵馬」

右の八つ頭は、日本武尊の八族平定を表し、

左のぶどうの葉は、従者の眼を治したといわれる。

EMA
拡大 画像クリック拡大 画像クリック

目黒 大鳥神社 写真 目黒 大鳥神社 写真
「福豆」
Fuku-Mame
拡大 画像クリック拡大 画像クリック

目黒 大鳥神社 写真 切支丹灯籠 目黒 大鳥神社 写真
「切支丹灯籠」
拡大 画像クリック拡大 画像クリック

目黒 大鳥神社(めぐろ おおとり じんじゃ)

Meguro Ootori Jinja Shrine

東京都目黒区下目黒3丁目1−2

3-1-2,Shimo-Meguro,Meguro-Ku,Tokyo

JR山手線目黒駅から徒歩約7分


ご利益商売繁盛


この神社は、日本武尊(やまとたけるのみこと)の東征にゆかりがあるといわれるこの地に、 大同元年(806)創建された区内最古の神社です。 江戸地図として古いものとされる「長禄江戸図」に書かれている古江戸9社の1つで、目黒村の総鎮守でもありました。

祭神は、日本武尊を主神とし国常立尊(くにとこたちのみこと)と弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)を合祀しています。

毎年11月に開かれる酉の市は、東京では古いももの1つといわれており、現在でも都内では有数の賑いをみせたいます。 この市のいわれは日本書紀に「十月己酉に日本武尊を遣わして、熊襲を撃つ」とあり、 尊の出発日が酉の日であったことから、おこったと伝えられています。

毎年9月の例大祭には、目黒通りに大小30余基の町みこし勢揃いします。 それとともに社殿では「太々神楽・剣の舞」が奉納されます。 11月の酉の市には、「太々神楽・熊手の舞」が神前で舞われます。

境内には、東京都の天然記念物に指定された「オオアカガシ」の老木や三猿だけの延宝塔 、元禄時代(1688〜1703)や宝永年間(1704〜1710)の屋根付きの庚申塔など5基の石造物もあります。 また、俗に切支丹灯籠といわれる「織部式灯籠」や、天保6年(1835)の酉の市を奉納した記念碑などもあります。

社頭 目黒区教育委員会 案内板より


切支丹灯籠

下目黒の大鳥神社所蔵で、昭和38年、守屋図書館に開設された郷土資料室に出品公開されて以来、中庭で展示していたものです。

もとは千代が崎(東京都教職員研修センター附近)の大村邸内にあり、 かつてこの地にあった肥前島原藩主松平主殿守(とのものかみ)の下屋敷にまつられ、 密かに信仰されていたものと伝えられています。

竿石(さおいし)の下部に刻まれた像には足の表現がなく、イエス像を仏像形式に偽装した珍しい型の切支丹灯籠で、 キリシタンへの弾圧と迫害が厳しくなった寛永・正保・慶安の頃から江戸中期にかけて作られたものと考えられます。


ホーム神社・仏閣めぐり初詣おすすめスポット御利益別寺社一覧御利益グッズ言い伝え


Copyright © 2005 I.HATADA All Rights Reserved.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO