手児奈霊堂(てこな れいどう)      Tekona Reido      7.Oct.2007          天空仙人の神社仏閣めぐり

手児奈霊堂 Official Page
手児奈霊堂 手児奈霊堂
拡大 画像Click拡大 画像Click

手児奈霊堂 手児奈霊堂
拡大 画像Click拡大 画像Click

手児奈霊堂 手児奈霊堂
「提灯」「御神輿」
ChochinOmikoshi
拡大 画像Click拡大 画像Click

手児奈霊堂 獅子と貘の木鼻 手児奈霊堂 絵馬
「獅子と貘の木鼻」「絵馬」
Shishi & Baku KibanaEma
拡大 画像Click拡大 画像Click

手児奈霊堂(てこな れいどう)

Tekona Reido

千葉県市川市真間4−5−21

4-5-21,Mama,Ichikawa-shi,Chiba


手児奈(てこな)霊堂

奈良時代のはじめ、山部赤人が下総国府を訪れたおり、手児奈(てこな)の伝承を聞いて、

われも見つ人にも告げむ葛飾の真間の手児名(奈)が奥津城処(おくつきところ)

と詠ったものが万葉集に収録されている。

手児奈霊堂は、この奥津城処(墓所)と伝えられる地に建てられ、 文亀(ぶんき)元年(1501年)には弘法寺(ぐほうじ)の七世日与上人が手児奈の霊を祀る霊堂として世に広めたという。

手児奈の物語は、美人ゆえ多くの男性から求婚され、しかも自分のために人々の争うのを見て、人の心を騒がせてはならぬと、 真間の入江に身を沈めたとか、継母に仕え真間の井の水を汲んでは孝養を尽したとか、手児奈は国造(くにのみやつこ)の娘で、 その美貌を請われ、或る国の国造の息子に嫁したが、親同士の不和から海に流され、 漂着したところが生まれ故郷の真間の浦の海辺であったとか、さらには神に司える巫女(みこ)であったりする等、 いろいろと形を変えて伝えられている。

万葉の時代から今日に至るまで、多くの作品にとりあげられた真間の地は、市川市における文学のふる里であるともいえる。

市川市教育委員会 案内板より


ホーム神社・仏閣めぐり初詣おすすめスポット御利益別寺社一覧御利益グッズ言い伝え


Copyright © 2007 I.HATADA All rights reserved.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO