報徳二宮神社(ほうとく にのみや じんじゃ)    Houtoku Ninomiya Jinja Shrine    7.Sep.2001 天空仙人の神社仏閣めぐり

報徳二宮神社 Official Page
小田原 報徳二宮神社 写真 小田原 報徳二宮神社 写真
「拝殿」「鳥居」
HaidenTorii
拡大 画像Click拡大 画像Click

小田原 報徳二宮神社 写真 小田原 報徳二宮神社 写真
拡大 画像Click

小田原 報徳二宮神社 写真 小田原 報徳二宮神社 写真
拡大 画像Click拡大 画像Click

小田原 報徳二宮神社 写真 二宮金次郎銅像 小田原 報徳二宮神社 写真 二宮金次郎銅像
「二宮金次郎銅像」「二宮金次郎銅像」
KINJIROKINJIRO
拡大 画像Click拡大 画像Click

小田原 報徳二宮神社 写真 小田原 報徳二宮神社 写真
「絵馬」「縄ない守り」
EMANAWANAIMAMORI
拡大 画像Click拡大 画像Click

小田原 報徳二宮神社 写真
「報徳二宮神社」
Houtoku Ninomiya Jinja Shrine

報徳二宮神社(ほうとく にのみや じんじゃ)

Houtoku Ninomiya Jinja Shrine

神奈川県小田原市城内8−10

8-10,Jonai,Odawara-Shi,Kanagawa


明治27年(1894)4月、二宮尊徳翁の教えを慕う6カ国(伊勢、三河、遠江、駿河、甲斐、相模)の報徳社の総意により、 翁を御祭神として、生誕地である小田原の、小田原城二の丸小峰曲輪の一角に神社が創建されました。

明治42年本殿・幣殿を新築、拝殿を改築し、神苑を拡張し現在の社地の景観を整えました。

二宮尊徳翁は、江戸時代後期の農政家・思想家。通称は金治郎であるが、 一般には「金次郎」と表記されてしまうことが多い。

また、諱の「尊徳」は正確には「たかのり」と訓むが、有職読みで「そんとく」と訓まれることが多い。 「報徳思想」を唱えて「報徳仕法」と呼ばれる農村復興政策を指導した。

農家の家に育ち天災地変と戦い、これを克服し、当時の小田原城主大久保忠真に登用され、数々の業績を残した。


ホーム神社・仏閣めぐり初詣おすすめスポット御利益別寺社一覧御利益グッズ言い伝え

Copyright © 2006 I.HATADA All Rights Reserved.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO