尾道 浄土寺(じょうどじ)      Onomichi Jyodoji Temple 天空仙人の神社仏閣めぐり

尾道 浄土寺 Official Page
尾道 浄土寺 山門 尾道 浄土寺 山門
「山門」「山門」
SanmonSanmon
拡大 画像Click拡大 画像Click

尾道 浄土寺 尾道 浄土寺 阿弥陀堂
「本堂」「阿弥陀堂」
HondoAmidado
拡大 画像Click拡大 画像Click

尾道 浄土寺 国宝 多宝塔 尾道 浄土寺 文殊堂
「国宝 多宝塔」「文殊堂」
TahoutouMonjyudo
拡大 画像Click拡大 画像Click

尾道 浄土寺 唐門 尾道 浄土寺 新影流の剣豪 佐野勘十郎義忠の記念碑
「唐門」「新影流の剣豪 佐野勘十郎義忠の記念碑」
Karamon
拡大 画像クリック拡大 画像クリック

尾道 浄土寺 尾道 浄土寺 茶室 露滴庵(国重文)
「庭園」「茶室 露滴庵(国重文)」
TeienRotekian
拡大 画像クリック拡大 画像クリック

尾道 浄土寺 尾道 浄土寺
「転法輪の蟇股」「観音霊泉」
Tenporin no KaerumataKannon-Reisen
拡大 画像クリック拡大 画像クリック

尾道 浄土寺 尾道 浄土寺
「一願成就絵馬」「寺まいり絵馬」
EmaEma
拡大 画像クリック拡大 画像クリック

尾道 浄土寺 浄土寺宝篋印塔 尾道 浄土寺 石造五輪塔
「浄土寺宝篋印塔」「石造五輪塔」
HoukyointoGorinto
拡大 画像クリック拡大 画像クリック

尾道 浄土寺(じょうどじ)

Onomichi Jyodoji Temple

広島県尾道市東久保町20−28

20-28,Higashi-Kubo-Cho,Onomichi-Shi,Hiroshima


浄土寺(真言宗)

推古24年(616)聖徳太子の開基と伝える。 文治2年(1186)紀州高野山領大田荘の政所となり、後白河院の勅願所となった。

のち、荒廃したが、嘉元4年(1306)奈良西大寺の律僧定証上人によって伽藍が再整備され、 西大寺長老信空上人ら僧百余名を招き、盛大に落慶法要が行われた。

正中2年(1325)罹災したが、早々尾道の富豪道蓮道性夫妻により、再々興の工が起こされ、 嘉歴2年(1327)本堂、のち諸堂が相ついで整えられ、現在に至る。

建武3年(1336)足利尊氏は2度にわたり同寺に参籠して戦運挽回を祈願し、三十三首法楽和歌(重文)を奉納した。 のち多くの荘園が寄進されるなど足利氏ゆかりの寺として手厚い庇護を受け、備後の代表的大寺になった。 境内には、わが国の中世寺院建築を代表する本堂(国宝)、多宝塔(国宝)をはじめ阿弥陀堂(重文)、山門(重文)などが伽藍を広げる。

平成6年(1994)重文「浄土寺(六棟)」が加わり、さらに境内地全域が国宝本堂に追加指定された「国宝の寺」である。 身代わり観音として親しまれる本尊の秘仏十一面観世音菩薩(重文)をはじめ、仏像、絵画、文書など多くの文化財を伝えている。


□ 国宝 浄土寺多宝塔 三間多宝塔 本瓦葺

(伝)嘉暦3年(1328)の再建 本堂とほぼ同時期に再建され  高野山金剛三昧院・石山寺とともにわが国三大多宝塔にあげられる優秀な多宝塔とされている 牡丹唐草に蝶の飛んだ彫刻のある板蟇股や特殊な木鼻の部材を用いる等建築史上注目すべき多くの特色を持っている

□ 重要文化財 浄土寺阿弥陀堂 桁行 5間 梁間 4間 一重 寄棟造 本瓦葺

「浄土寺縁由実録」により 康永4年(貞和元・1345)の再建とされ 雄大な本堂に対し 向拝をもたず 寄棟造の屋根 蔀戸 天井をはって構造を見せないなどおとなしい意匠を特徴とする 阿弥陀堂は建立後本堂とともに2棟の「並び堂」で 寺院の中心が蘭渓道隆である

□ 重要文化財 浄土寺 六棟

露滴庵附中門・方丈・唐門・庫裏及び客殿・宝庫・裏門の六棟からなる 露滴庵は 三畳台目の茶席 水屋 勝手からなる入母屋造 茅葺 織部好みの茶室で 秀吉が京都伏見城内に建てた茶室燕庵を 文化11年(1814)対岸向島の豪商天満屋によって寄進移築されたもの その他の伽藍は江戸時代中期ころまでに現在のような形に整えられた

□ 重要文化財 浄土寺山門 四脚門 切妻造 本瓦葺

室町時代初期までの優れた建築で本堂向背の軒と同じ規矩をもつ 円柱礎石上に珍しい工法として、 扉の回転軸を受ける唐居敷とよばれる円形の石が使われている 板蟇股に足利家の家紋「二ツ引両」を打つ 

□ 重要文化財 浄土寺 宝篋印塔

花崗岩製 石造宝篋印塔 高さ1.9m

足利尊氏の墓と伝える

基礎・基壇の間に反花座を設け 基礎側面には大きくみごとな格狭間を作る

相輪も完備し 彫り 全体の均整とも洗練され 南北朝時代における中国地方の宝篋印塔の代表作といわれる

□ 石造五輪塔 一基

足利尊氏の弟直義の供養塔と伝える石造五輪塔で 尊氏塔と同時期のものと考えられる

境内 案内板より


ホーム神社・仏閣めぐり初詣おすすめスポット御利益別寺社一覧御利益グッズ言い伝え


Copyright © 2005 I.HATADA All Rights Reserved.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO