京都 豊国神社   Toyokuni Jinja Shrine 天空仙人の神社仏閣めぐり

TO 京都十六社朱印めぐり
豊国神社 豊国神社
「豊国神社」
Toyokuni Jinja Shrine
拡大 画像クリック拡大 画像クリック

豊国神社 国宝 唐門 豊国神社
「国宝 唐門」
KARA-MON
拡大 画像Click拡大 画像Click

豊国神社 五七の桐紋 豊国神社 ひょうたん型開運絵馬
「五七の桐紋」「ひょうたん型開運絵馬」
GOSHICHI NO KIRIKAIUN EMA
拡大 画像Click拡大 画像Click

豊国神社 豊国神社
拡大 画像クリック拡大 画像クリック

京都 豊国神社(とよくに じんじゃ)

Toyokuni Jinja Shrine

京都市東山区大和大路通正面茶屋町

Chayamachi,Shomen,Yamato-Ooji-Dori,Higashiyama-Ku,Kyoto


豊国神社(とよくに じんじゃ)

豊臣秀吉を祀り、一般に「ホウコクさん」の名で人々に親しまれている。  

慶長3年(1598)に63歳で亡くなった秀吉の遺体は、遺命により東山の阿弥陀ヶ峯 の中腹に葬られ、その麓(現在の豊国廟太閤坦)には、広壮豪奢な廟社が造営された。後 陽成天皇より正一位の神階と豊国大明神の神号を賜り、慶長9年(1604)8月の秀吉 の七回忌には特に盛大な臨時祭礼が行われた。そのときの様子は豊国臨時祭礼図屏風(重 要文化財)に詳しく描かれている。

豊臣氏の滅亡後、その廟社は徳川幕府により廃祀されたが、明治13年(1880)、旧 方広寺大仏殿跡にあたる当地に社殿が再建され、別格官幣社として復興された。また、明 治31年(1898)には、荒廃していた廟墓も、阿弥陀ヶ峯の頂上に再建された。  

正面の唐門(国宝)は伏見城の遺構と伝え、二条城から南禅寺の金地院を経て、ここに移 築されたもので、西本願寺、大徳寺の唐門とともに国宝三唐門の一つとされている。また、 その両脇の石灯籠は、秀吉恩顧の大名が寄進したものである。

京都市 案内板より


ホーム神社・仏閣めぐり初詣おすすめスポット御利益別寺社一覧御利益グッズ言い伝え


Copyright © 2004 I.HATADA All rights reserved.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO