京都 わら天神(敷地神社)       Waratenjin Shrine    天空仙人の神社仏閣めぐり


わら天神(敷地神社)鳥居 写真 わら天神(敷地神社) 写真
「鳥居」
Torii
拡大 画像Click拡大 画像Click

わら天神(敷地神社)拝殿 写真 わら天神(敷地神社)拝殿 写真
「拝殿」「拝殿」
HaidenHaiden
拡大 画像Click拡大 画像Click

わら天神(敷地神社) 写真 わら天神(敷地神社) 写真
「社号額」
Shago-Gaku
拡大 画像Click拡大 画像Click

綾杉明神

わら天神(敷地神社) 写真 わら天神(敷地神社) 写真
「綾杉明神」「猪目 ハート型の意匠」
Ayasugi MyoujinInome
拡大 画像Click拡大 画像Click

わら天神(敷地神社)

Waratenjin Shrine

京都市北区衣笠天神森町10

10,Kinugasa-Tenjinmori-Cho,Kita-Ku,Kyoto


本社 

敷地(しきち)神社(わら天神宮)

御祭神 木花開耶姫命

御神徳 安産、子授け

由緒

敷地神社(わら天神宮)の起源は、太古山背国葛野郡衣笠村に降臨された北山の神です。 六国史を菅原道真が分類編纂した「類聚国史(るいじゅうこくし)」によれば、天長 5(828)年に都に大雨、地震があったおり、時の淳和(じゅんな)天皇が勅使を遣 わして北山の神に幣(みてぐら)を奉ったと見られることから、その創建は平安建都 以前と推測されます。

この地に氷室が設けられることとなり、その夫役として加賀国の人々が移住してきま した。彼らは菅生石部神社(現 石川県加賀市)の崇敬者であり、移住にあたりその 分霊を勧請し、御祭神を菅生石部神の御母木花開耶姫命と定め、北山の神の西隣に祀 りました。

応永4(1397)年、足利三代将軍義満による北山第(後の鹿苑寺(金閣寺))の造営に あたり参拝に不便になったことから、両社を合祀して現在地に遷座、社号を菅生石部 神の通称である敷地神社とし、爾来600年になります。当社は単に「天神宮」とも 称していました。また、古来より稲わらで編んだ籠でもって神饌を捧げており、やが て抜け落ちたわらを、安産を願う妊婦さんが持ち帰るようになりました。後にそのわ らを切り取り、安産のお守りとして妊婦さんに授与するようになったのです。 そのわらのお守りの珍しさから「わら天神宮」という名称が広まり定着しました。

案内板より


ホーム神社・仏閣めぐり初詣おすすめスポット御利益別寺社一覧御利益グッズ言い伝え


Copyright © 2002 I.HATADA All rights reserved.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO