京都 神泉苑 恵方社(しんせんえん えほうしゃ)      Ehosha Shrine       21.Oct.2007          天空仙人の神社仏閣めぐり

神泉苑 Official Page
神泉苑 恵方社 神泉苑 恵方社
拡大 画像Click拡大 画像Click

神泉苑 恵方社 神泉苑 恵方社
拡大 画像Click拡大 画像Click

神泉苑 恵方社(しんせんえん えほうしゃ) 

Ehosha Shrine

京都府京都市中京区御池通神泉苑東入門前町167

167,Monzen-cho,Higashi-iru,Shinsen-en,Oike-dori,Nakagyo-ku,Kyoto


神泉苑

延暦13年(794)、桓武天皇が平安京の造営に当たり、大内裏(だいだいり)の南 の沼沢を開いて設けられた苑地(えんち)で、常に清泉が湧き出すことから神泉苑と名 づけられた。  

その境域は、南北四町東西二町という広大なもので、苑内には大池と中嶋のほか、乾 臨閣(けんりんかく)や釣殿(つりどの)、滝(たき)殿(どの)などもあり、歴代の天皇や 貴族が舟遊、観花、賦詩、弓射、相撲などの行事や遊宴を行ったといわれている。  

天長元年(824)春の日旱(ひでり)に、この池畔で東寺の僧空海が善女(ぜんにょ) 龍王を祀って祈雨の法を修して霊験があったと伝えられ、以後当苑では名僧が競って 祈雨の修法を行うようになった。また、貞観五年(863)には、初めて当苑で御霊 会(ごりょうえ)が執行されるなど、宗教霊場として利用されるようになった。  

現在は、東寺真言宗に属し、毎年5月1日から四日間の神泉苑祭には、壬生(みぶ)狂 言の流れを汲む神泉苑狂言(京都市登録無形民俗文化財)が執り行われる。

京都市 案内板より


神泉苑と謡曲「鷺」由来

京都の地形は北高西南低で、昔この辺は湿地帯となっていたが、それをうまく利用し て禁苑としたのが神泉苑である。かっては広大な地を占め、天皇御遊の庭園として、 四季折々に華麗な行事が催されていた。

また苑地には水鳥も多く野鳥観察に好適の地ともされていた。

「源平盛衰記」には醍醐天皇の時代、宣旨に鷺さえも羽をたゝんで、かしこまった話 がのせられており、謡曲「鷺」は、これをもとにつくられている。俗に“五位鷺”と いうのは、このとき天皇から五位の位を賜ったことから、このように呼ばれるように なったといわれている。

謡曲史跡保存会 案内板より


ホーム神社・仏閣めぐり初詣おすすめスポット御利益別寺社一覧御利益グッズ言い伝え


Copyright © 2007 I.HATADA All rights reserved.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO