阿波國一の宮 大麻比古神社    (おおあさひこ じんじゃ)      Ooasahiko Jinja Shrine   天空仙人の神社仏閣めぐり

阿波國一の宮 大麻比古神社 Official Page
阿波國一の宮 大麻比古神社 参道 阿波國一の宮 大麻比古神社 拝殿
「参道」「拝殿」
SANDOHAIDEN
拡大 画像Click拡大 画像Click

阿波國一の宮 大麻比古神社 拝殿 阿波國一の宮 大麻比古神社 拝殿
「拝殿」「拝殿」
HAIDENHAIDEN
拡大 画像Click拡大 画像Click

阿波國一の宮 大麻比古神社 阿波國一の宮 大麻比古神社
「絵馬」「災難厄除け守り」
EMASAINAN YAKUYOKE MAMORI

阿波國一の宮 大麻比古神社 阿波國一の宮 大麻比古神社
「ちょうちん」「楠」
CHOCHINKUSUNOKI
拡大 画像クリック拡大 画像クリック

阿波國一の宮 大麻比古神社 阿波國一の宮 大麻比古神社
「狛犬」「狛犬」
KOMA-INUKOMA-INU
拡大 画像クリック拡大 画像クリック

阿波國一の宮 大麻比古神社 阿波國一の宮 大麻比古神社
拡大 画像クリック拡大 画像クリック

阿波國一の宮 大麻比古神社(おおあさひこ じんじゃ)

Ooasahiko Jinja Shrine

徳島県鳴門市大麻町板東字広塚13

13,Bando-Aza-Hirotsuka,Ooasa-Cho,Naruto-Shi,Tokushima


阿波一宮 大麻比古神社御由緒

御祭神 大麻比古大神・猿田彦大神

由緒

神武天皇の御代、天太玉命の御孫 天富命 勅命を奉じて 洽く肥沃の地を求め 阿波国に到りま して、麻楮の種を播殖し、麻布木綿を製して 殖産興業の基を開き 国利民福を進め給ひ、その守 護神として、太祖天太玉命を此の地に斎き祀る。

猿田彦大神は、昔大麻山の峯に鎮まり坐しが後世に至り本社に合せ祀ると伝えられ る。

延喜の制名神大社に列し、阿波国一宮と称え阿波、淡路両国の総産土神として崇め奉る。

清和天皇貞観元年従五位上を授け奉り、順次進階して中御門天皇享保四年正一位に進み給ふ。斯く 朝廷の崇敬厚く、又代々の国司領主の尊崇深く、神田山林を寄進、藩費を以って、社殿の造営を行 ひ、年々祭費を奉らる。明治六年国幣中社に列す。

明治十三年国費を以って本殿以下の造営が行われた。現在の祝詞殿、内拝殿、外拝殿は昭和四十五 年氏子崇敬者の寄進によって造営せられた。

大麻比古神社は、古来 方除、厄除、交通安全の神として霊験を授け給い県内外の氏子崇敬者から 「大麻さま」「大麻さん」「大麻はん」と親しみをこめた御名で崇められ、厚い信仰が寄せられて いる。

祭礼及び特殊神事

例祭 

十一月一日氏子崇敬者の奉仕によって神輿の渡御及び獅子舞の奉納などの神賑がある。

奥宮例祭 

旧七月十八日大麻山頂に鎮座する奥宮峯神社の例祭が行われ、氏子崇敬者の奉仕によって神幸祭が 行われる。旧七月十七日宵宮から十八日早暁にかけて三回氏子崇敬者の安全を祈念する大祈祷祭が 行われる。

神迎祭 

旧正月元旦、二日、三日、本殿に於て旧正月の神事が行われる。

湯立神楽 

旧三月十二日社務所前庭に湯竈を築き、忌火によって湯を立て、湯花を本殿に奉り、無病息災と五 穀豊穣を祈念する。

神火大祭 

二月節分当日 氏子崇敬者が願旨を記して奉納した祈祷木を神火によって焚き上げ、除災招福を祈 願する。

境内 案内板より


ホーム神社・仏閣めぐり初詣おすすめスポット御利益別寺社一覧御利益グッズ言い伝え


Copyright © 2004 I.HATADA All rights reserved.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO