有田 陶山神社      (すえやま じんじゃ 通称 とうざん じんじゃ)       Arita Sueyama Jinja Shrine  天空仙人の神社仏閣めぐり

有田 陶山神社 Official Page
有田 陶山神社 鳥居 写真 有田 陶山神社 写真
「鳥居」「陶山神社」
TORIITOZAN JINJA SHRINE
拡大 画像Click拡大 画像Click

有田 陶山神社 陶器製の扁額 写真 有田 陶山神社 写真
「陶器製の扁額」
HENGAKU
拡大 画像Click拡大 画像Click

有田 陶山神社 陶器製の扁額 写真 有田 陶山神社 陶器製の燈籠 写真
「陶器製の扁額」「陶器製の燈籠」
HENGAKUTORO
拡大 画像Click拡大 画像Click

有田 陶山神社 陶製の狛犬 写真 有田 陶山神社 狛犬と桜 写真
「陶製の狛犬」「狛犬と桜」
KOMA-INUKOMA-INU
拡大 画像クリック拡大 画像クリック

有田 陶山神社 写真 有田 陶山神社 商売繁盛守り 写真
「御守」「商売繁盛守り」
OMAMORISHOBAI-HANJO-MAMORI
拡大 画像クリック拡大 画像クリック

有田 陶山神社 境内のサクラ 写真 有田 陶山神社 サクラ 写真
「境内のサクラ」「サクラ」
SAKURASAKURA
拡大 画像クリック拡大 画像クリック

有田 陶山神社(すえやま じんじゃ 通称 とうざん じんじゃ) 

Arita Sueyama Jinja Shrine

佐賀県西松浦郡有田町大樽2丁目5番地1号

2-5-1.Otaru,Arita-Machi,Nishi-Matsura-Gun,Saga

有田 陶器市へ


鎮座地

〒844-OO04

佐賀県西松浦郡有田町大樽2-5-1

TEL.955(42)3310

FAX.0955(42)3317

宮司 富田清登 禰宜 富田胤臣

祭神


主祭神  応神天皇

相殿神  鍋島直茂公

     李参平公


創建

万治元年(1658)8月、有田皿山代官の命により、伊万里市大里二里町鎮座の郷社、 八幡宮からご分霊をいただき現在の地に創建された。


由緒

元和2年(1616)李参平公が、泉山で白磁石を発見し、白川の天狗谷で磁器の焼成に 成功した。

寛永12(1635)年、登り窯13基、窯元150戸、正保4(1647)年、柿右衛 門により赤絵創始。慶安3(1650)年、初めて日本陶磁器145個が長崎から海外へ 輸出された。ついで万治2(1659)年オランダ商館(VOC)がモカ向け陶磁器5万 6千7百個の焼成契約。

焼成に成功してからわずか40年間で技術を向上させ、有田焼の体制を作り上げた李参平 公を長(オサ)とする陶工集団の並々ならぬ努カがあった。 このころに当社は「有田皿山宗廟八幡宮(アリタサラヤマソウビョウハチマングウ)」の 社名で創建されています。

社名は、「有田皿山代官が支配する全ての神明が帰一する八幡宮」という意味で、有田焼 の窯元・商人および有田住民をあまねく守護する神として祀られている。明暦元年(16 55)8月11日李参平公が亡<なります。わずかその3年後、当社は創建され「公」と深 い関わりがあります。公は「金ケ江」の姓を名乗ることを許され、肥前藩から手厚い庇護 を受けていた。

陶工たちの長として、磁器発展の功労者で中心的存在であったあるじを慕い、嘆き悲しん でその御霊を祀ったのである。 後世、「公」に対する尊敬の念を忘れることな<、磁器創成300年を記念して大正6年( 1917)10月神社後方の山頂に記念碑が建てられた。

現在5月4日有田焼の繁栄を願って「陶祖祭」が催される。


祭礼日

10月16〜17日   有田<んち

11月23日      注連受渡神事


有田ならではの風情

陶磁器製の奉納物

「有田おくんち」の神事町注連元記念として奉納された。

◎磁器製鳥居

明治21(1888)年稗古場奉納。高3.65m 横3.9m。磁器製の鳥居として有 名。白磁の素地に、天然呉須(ゴス)による淡いブルーの唐草文様が美しい。

◎陶磁器製狛犬

明治20年(高82cm)赤絵町第10代今右衛門奉納、磁器製の阿吽1対で珍しい形状の 狛犬、秋の紅葉を背景に有田の風情を醸し出す。

◎磁器製大水瓶

明治22年(高109cm 径90cm)中ノ原奉納、大物づ<りで有名な井手金作の逸品 作、現在ではロクロではこれ以上の物は出来ない。

◎陶祖李参平碑

海抜85mの境内駐車場から、65mの高低差がある。徒歩で約300m、所要時間約5 分。構造物の規模は、幅11.5m 奥行き20mの斎場の中央に、周囲7.5m四万の 石玉垣をめぐらし、高さ約6mの碑である。

◎碑文

碑文には「公はわが有田の陶祖であることは勿論のこと、我が国、窯業界の大恩人である 。現在、陶磁器関係に従事ずる人は、その恩恵にあずかっている、その偉業をたたえてこ こに仰ぎ祀る」と記されている。

◎磁器製欄干

弘化3(1846)年9月幸平奉納神社本殿にあり、人の気づきにくい所なので知る人は多 くない。角物細工、トツプの擬宝珠にロクロ目が残っている。江戸後期の作調の豊かさが あり、暖かさが伝わる逸品である。

◎元帥古賀峯一顕彰碑

山本五十六大将の次の聯合艦隊司令長官で昭和19年3月31日殉職(61)元帥の称号 を賜った。有田出身、5月18日慰霊祭

◎深川栄左右衛門記念碑

有田焼工業の祖。香蘭社・深川製磁の創業者明治23年10月23日(57)没、明治の 文明開花期の有田のリーダーで、パリ万博・フィラデルフィア万博など日本を代表して出 陳。有田焼の国際貿易にカを入れ、有田焼を世界的なブランドにした功労者。

◎江越礼太碑

有田学問の祖。有田小学校初代校長。有田焼発展の為には後継者の育成が大切で「西洋の 技術習得が名工を育てる」と説いている。学制施行前の明治4年(1871)に学校が創 建された。

◎有田焼製お守り絵馬

宮司手製のお守りで「花瓶型の家内安全・商売繁盛、湯飲み型の交通安全、ミニ絵馬、ま が玉」、毎年の「えとの絵馬」などです。

特に、有田焼発祥の陶祖神だから出来るお守り「マイお守り」は、小さいミニ絵馬に名前 が入ます。 世界でただ一つの「あなたのお守り」と、大変好評です。1個400円+送料でインター ネットか郵便ハガキ又はフアツクスにて申し込んで下さい。各地発送致します。

◎マイお守り

あなただけの有田焼製ミニ絵馬「マイお守り」サイズ横28mm×縦20mm 面に磁器 製鳥居のデザインで、裏にあなたの名前が入ます。

陶山神社 しおりより


陶山神社(すえやまじんじゃ 通称とうざんじんじゃ)

陶山神社は、万治元年(1658)8月、現在の伊万里市二里町大里の神原八幡宮から主 祭神・応神天皇の霊が移され、「有田皿山宗廟八幡宮」として開かれました。

その「八幡さん」が陶山神社と呼ばれるようになったのは明治以後で、藩祖鍋島直茂公と 陶祖李参平公をあわせて祀るようになりました。

境内にはいくつもの記念碑や顕彰碑があり、江戸時代の名代官「成松信久碑」を始め、学 問の功績者「江越礼太碑」、有田焼商工の功績者「八代深川栄左衛門碑」、有田陶器市の 発案者「深川六助碑」、また神社後方の山頂には、磁器創成300年を記念して大正6年 (1917)に「陶祖李参平碑」が建立されるなど、有田皿山をリードしてきた先人の威 徳を讃えています。


陶山神社と磁器鳥居 

祭神 応神天皇・鍋島直茂公・李参平公

ここ陶山神社は、江戸時代「有田皿山宗廟八幡宮」と称される通り、有田町及び有田焼繁 盛の「陶祖の神」として、有田町を見渡すこの蓮華石山麓の景勝の地に創建されました。

四季折々に桜やツツジ、それに有田と縁が深い韓国の国花ムクゲなどを咲かせて神域を彩 ります。周りを見渡せば白磁の狛犬(明治20年・西暦1887年赤絵町10代今泉今右 衛門奉納)や染付の大鳥居(同21年。稗古場町奉納)、大水甕(同22年・中ノ原町奉 納井手金作作)など有田ならではの風情があり、まさに陶山神社は皿山の野外歴史資料館 そのものです。

境内 案内板より


ホーム神社・仏閣めぐり初詣おすすめスポット御利益別寺社一覧御利益グッズ言い伝え


Copyright © 2004 I.HATADA All rights reserved.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO