興昭院 石造閻魔王像(こんにゃく閻魔)      Kosho-in Sekizou-Enmaou-zou        天空仙人の神社仏閣めぐり


興昭院 石造閻魔王像 興昭院 石造閻魔王像
「興昭院 石造閻魔王像」「興昭院 石造閻魔王像」
Sekizou EnmaSekizou Enma
拡大 画像Click拡大 画像Click

興昭院 石造閻魔王像
「興昭院 石造閻魔王像」
Sekizou Enma
拡大 画像Click

興昭院 石造閻魔王像(こんにゃく閻魔)

Kosho-in Sekizou-Enmaou-zou

東京都港区虎ノ門3−10−8

3-10-8,Toranomon,Minato-ku,Tokyo


興昭院 石像閻魔王像(こんにゃく閻魔)

石造閻魔王像は、斎藤月岑(神田雉子町の草創名主。本名市左衛門)が、 天保9年(1838)に刊行した「東都歳事記」の正月16日の条に 「閻魔参り 世にゑんまの斎日という 1月16日は初閻魔といい 盆の16日とともに薮入りの日であった」 と真向かいの栄立院(えいりゅういん)の木造閻魔(現存せず)とともに記載されています。

この閻魔は眼病に霊験あらたかとして信仰され、祈願者の願が成就したときには、 そのお礼として「こんにゃく」を供える習わしとなっていました。 現在その風習は失われていますが、当時の民間信仰を知る貴重な石像です。

像高およそ105cm、笏を持ち、上方に開いた方形の冠をつけ、口を開いた憤怒の相です。

港区教育委員会

案内板より


ホーム神社・仏閣めぐり初詣おすすめスポット御利益別寺社一覧御利益グッズ言い伝え


Copyright © 2007 I.HATADA All Rights Reserved.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO