目黄不動尊(永久寺)     Meki-Fudoson Eikyuji Temple     江戸五色不動 天空仙人の神社仏閣めぐり

五色不動

目黒不動目白不動目青不動目赤不動目黄不動


目黄不動尊(永久寺) 目黄不動尊(永久寺)

「目黄不動尊堂」

拡大 画像Click拡大 画像Click

目黄不動尊(永久寺) 目黄不動尊(永久寺)

拡大 画像Click拡大 画像Click

目黄不動尊(永久寺)

Meki-Fudoson Eikyuji Temple

東京都台東区三ノ輪2丁目14−5

2-14-5,Minowa,Taito-Ku,Tokyo


目黄不動は、江戸五色不動の一つとして知られている。 江戸五色不動とは、目白、目赤、目黒、目青、目黄の各不動尊のことで、寛永年間(16 24〜43)の中頃、徳川三代将軍家光が寛永寺創建で知られる天海大僧正の具申により 、江戸府内の名ある不動尊を指定したと伝える。

不動明王は、密教ではその中心仏とされる大日如来が悪を断じ、衆生を教化するため、外 には憤怒の形相、内には大慈悲心を有する民衆救済の具現者として現れたとされている。 また、宇宙のすべての現象は、地、水、火、風、空の五つからなるとする宇宙観があり、 これらを色彩で表現したものが五色といわれる。

不動尊信仰は、密教がさかんになった平安時代初期の頃から広まり、不動尊を身体ないし は目の色で描き分けることは、平安時代(784〜1179)すでに存在したという。

台東区教育委員会 案内板より


ホーム神社・仏閣めぐり初詣おすすめスポット御利益別寺社一覧御利益グッズ言い伝え


Copyright © 2004 I.HATADA All rights reserved.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO