不忍池弁天堂(しのばずのいけ べんてんどう)    Shinobazu no Ike Bentendou        谷中七福神(弁財天)    天空仙人の神社仏閣めぐり

谷中七福神
東覚寺青雲寺修性院天王寺長安寺護国院弁天堂

芸能浅間神社車折神社 芸能神社江島神社白峯神宮六波羅密寺

谷中七福神 不忍池弁天堂 谷中七福神 不忍池弁天堂

谷中七福神 不忍池弁天堂 谷中七福神 不忍池弁天堂

谷中七福神 不忍池弁天堂 谷中七福神 不忍池弁天堂
「巳成金のお守」「融通守銭」
MINARUKANE NO OMAMORIYUUZUU-SHUSEN

谷中七福神 不忍池弁天堂 谷中七福神 不忍池弁天堂

谷中七福神 不忍池弁天堂 谷中七福神 不忍池弁天堂
拡大 画像Click拡大 画像Click

不忍池弁天堂(しのばずのいけ べんてんどう)

Shinobazu no Ike Bentendou

東京都台東区上野公園2−1

2-1,Ueno-Koen,Taito-Ku,Tokyo

JR山手線・京浜東北線、東京メトロ銀座線上野駅から徒歩約6分


弁天堂

寛永2年(1625)天海僧正は、比叡山延暦寺にならい、上野台地に東叡山寛永寺を創建した。 不忍池は、琵琶湖に見立てられ、竹生島(ちくぶしま)に因んで、 常陸(現 茨城県)下館城主 水谷勝隆が池中に中之島(弁天堂)を築き、 さらに竹生島の宝厳寺(ほうごんじ)の大弁財天を勧請し、弁天堂を建立した。

当初、弁天島へは小船で渡っていたが、寛文年間(1661〜72)に石橋が架けられて、自由に往来できるようになり、 弁天島は弁天堂に参詣する人々で賑わった。

弁天堂は、昭和20年の空襲で焼失し、昭和33年9月に再建された。 弁天堂本尊は、慈覚大師の作と伝えられる八臂の大弁財天、脇士は毘沙門天、大黒天である。

本堂天井には、児玉希望画伯による「金竜」の図が画かれている。 また、本堂前、手水鉢の天井に、天保3年(1832)と銘のある谷文晁による「水墨の竜」をみることができる。

  大祭は九月の巳の日で巳成金(みなるがね)という。

平成10年3月

台東区教育委員会 案内板より


ホーム神社・仏閣めぐり初詣おすすめスポット御利益別寺社一覧御利益グッズ言い伝え


Copyright © 1997 I.HATADA All rights reserved.

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO